研究内容

当科での研究について

当科では臨床医学研究に重きを置いています。循環器学の主要な領域である虚血性心疾患、心不全、不整脈、動脈硬化および本態性高血圧の病態解明と治療法についての臨床研究および臨床にフィードバックする基礎研究を幅広い視野で行っています。
各種臨床データから病態を読み取り、さらには臨床で見出した疑問に対して基礎研究を駆使し、病態解明を目指すことが当科の研究に対するスタイルです。

循環器内科の主な研究テーマ

  • 心不全の病態と治療に関する研究
  • 冠攣縮性狭心症の病態と治療に関する研究
  • 心房細動の発症機序とカテーテルアブレーション治療に関する研究
  • 心筋のエネルギー代謝に関する研究
  • 虚血再灌流障害に関する研究
  • 冠血流量の制御因子に関する研究
  • 心エコー、MDCT、MRI、心筋シンチグラフィーなどの画像診断に関する研究
  • 経皮的冠動脈インターベンションの手法と予後に関する研究
  • 特発性および二次性心筋症に関する研究
  • 心不全の発症機序と凝固線溶系の関連についての研究
  • 心臓弁膜症の成因、特徴、治療に関する研究
  • 内分泌代謝疾患と循環器病の関連に関する研究
  • ベイズ推定を用いた共分散構造分析による新しい臨床医学研究

    (順不同)